スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石こう・・・効かんのか?

過石のカルシウムは植物は石こうだから利用できないと営農指導員が言うがどうも納得いかないから調べてみた。

おバカさんな私にもわかりやすく言ってくれたと思うのだが。



化学の知識が無い私にとっては調べるのは厳しいが、さすがインターネット。

のってるぜぃ。



過リン酸石灰 Ca3(PO4)2 + 2H2SO4 + 2H2O → Ca(H2PO4)2 + 2CaSO4・2H2O




全りん酸を20%前後、うち水溶性りん酸を15%前後含む。

主成分が水溶性なので、速効性のリン酸肥料。

リン酸成分は土壌中のアロフェンとかと結びついて植物に吸われにくい形となる。

施用の際は土に直接触れないような方法がよいらしい。


アロフェンって何?と思ったがスルー。

畑に入れるのに、土に触れないようにもスルー。

これはリンの部分なので今回はさておき、問題のカルシウム。



第一リン酸カルシウム Ca(H2PO4)2・H2O 溶解度1.8g(ウィキより)

硫酸カルシウム CaSO4 溶解度0.16g(現代農業とかいろいろ)

溶解度(g/100ml)?


が過石カルシウムの成分。

指導員が言ってた石こうは硫酸カルシウム。


これを見る限り、炭酸カルシウムの溶解度0.0015gに比べるとずいぶん水に溶けるようなので、植物は利用できるような気がするんだが。

今年、元肥にいれる予定の「畑のカルシウム」っていう石灰資材は硫カルって表示されてたから、過石のリン酸部分はさておき、物質としては同じはないんじゃろうか。


んんー疑問。








いまだ解らずクリック
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
スポンサーサイト

ティフブレア、あまり伸びず

F1000177.jpg

なかなかティフブレアが伸びない。

このままではスギナに隠れてしまう感じだ・・・


初年度は、いくら植えたからといって草刈がサボれる訳ではなさそうです。


F1000181.jpg

かといって、去年のもそれほど覆っているわけでも無し。

初期は、こまめな除草が必要なようです。




仕方ないので、草刈するはめに。




渋々作業準備。


装備品

帽子

マスク

おしゃれ花粉メガネ

そして刈払い機。




その姿


不審者



否定はできませぬ(´□`;)



誰も通報しませんように・・・・・





怪しい姿をした自分に陶酔クリック
ブログランキング・にほんブログ村へ

ティフブレア定植

ティフブレアの根が

ティフ根

こんなんなってきたので、この際植えてしまえ( ̄▽ ̄)。


こうなることは当然予測できたので、遮根シートでも下に敷いておけばよかったものの、メンドクサイからやらず。



で、植えてみました。

F1000161.jpg



正直なところ、まだ早いでしょヾ(-д-;)。

播種後18日のミニミニサイズ。

しかも、今夜は雨。

流されてしまいそう。



セルトレイ288穴なので、根がすぐに出てしまう、根量が確保できないなどの事実が発覚したので、今度は、200穴に播種してみました。


200穴ティフブレア播種


もう少し植えやすくなるだろう・・・・きっと・・・





今更ですが、なぜ、セルトレイに播種なのか?

1、ティフブレアの発芽条件の、水分、温度を外では得にくい為。(飛騨の夜は寒い)

2、育苗箱に、稲と同様の方法でもいいが、土を沢山必要とするため。

3、プラグトレイにしたかった。(ただなんとなく)



特に意味は無いのだけれども、クリッククリック。
ブログランキング・にほんブログ村へ

いろいろと発芽してきた

電熱温床は使用してないけれども、いろいろと発芽してきました。


スナップエンドウとか

スナップエンドウ発芽

モロヘイヤとか、

モロヘイヤ発芽


大葉ニラとか、

大葉ニラ発芽

パリパリ夏菜 悟空とか、

空心菜発芽

とにかくいろいろと出てきます。



パリパリ夏菜というのは、空心菜(クウシンサイ)というものらしく、栽培方法などこれから勉強。

とにかく葉っぱを付けさせて、採って、食べる。

どんな姿になるのかも不明。

何事も挑戦です( ̄ω ̄;)。



ニラはおおよそ10日、他は1週間もかからないうちに発芽したのでいいのですが、一番期待のハバネロが未だゼロ。

深く植えすぎたのか( ´_つ`)?



はやく出ないかな。




こうやって並べてみると・・・・

苗多すぎ


家庭菜園用でも栽培計画は立てときましょう( ̄. ̄;)


種買うと袋にいっぱい入ってるからついつい・・・・・

↓も、ついついクリックを・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

ようやくティフブレア発芽

以前、用水路沿いにティフブレアを適当に播種しましたが全く見当たらず。

スギナ、ノシバ、シロツメクサなどが早くも進出してきました。

発芽は、ある程度暖かくならないと無理そうです。


というのも、

4/3にセルトレイに播種したセンチピードグラス・ティフブレア。

ティフブレアトレイ蒔き

ようやく顔を出しはじめました。

ティフブレア、少し顔を出す


4月3日にまいて、15日に発芽はじめ。

管理は、毎日の潅水。

温度は、ビニールハウス内なので昼30度弱、夜15度前後。

およそ、2週間。

いやぁ、長い。


一昨年の種だったので、出ないかとも思いましたが一応出ました。





さて、春初旬、昨年植えたティフブレアは

春一のティフブレア


少し緑が見えてきました。

タンポポなんかもう花咲かせてるのに。

この地域での、この芝はスロースターターのようです。



こんなんで、雑草抑えられるのかな?



今年は雪が少なかったのでかろうじて生き残っただけなのか、まだ本格的に導入していないのでので不明です。




続く
プロフィール

溝上農園の人:フィロヲ

Author:溝上農園の人:フィロヲ
飛騨古川のトマト農家、溝上です。
飛騨はトマト産地です。
たまに栽培日記、ほぼ妄想雑記です。
前向きに生きていこうと思います。
絵はかわいい感じで、現実は見るに堪えかねるおっさんです。

カテゴリ
不定期更新連続話シリーズ
アクセスアップできるかな
駄犬交流記
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ランキング無闇に参加中

人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ビジネスブログランキング
RSSリンクの表示
ブログランキングサイト
FC2ブログランキング
マイアフィリエイト



購入体験談
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。