スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトは桃太郎エイトなわけ

我が家は、夏秋(かしゅう)トマトを栽培しています。



品種は桃太郎エイトと、桃太郎サニー。


なぜこの品種なのかというと、エイトは、

・ある程度、果実が大玉になり収量を伸ばしやすいこと、

・”青枯れ”というとっても厄介な土壌病害に耐性を弱冠持つこと、

・味が大玉でも良好なこと、



などが挙げられ、サニーは、

・桃太郎エイトより、食味は弱冠落ちるものの”葉カビ”という病気に耐性を持つこと、

ということが挙げられます。


美味しさと、出荷量と、コスト。

この三つのバランスが産地の品種を決めることとなります。



美味しさ優先じゃないの「(゚ペ)?



と、確かに、美味しさを最優先すべきことだと思っていますが、収穫して売る、が基本ですから売れないものを作る訳にはいけません。

当溝上農園では、全量JA出荷で生計をたてようとする妄想堕落小農家であり、量をまとめることが個人では難しいので、仮に自分が美味しいと思う品種があっても自家用にしかつくりません。

独自の販売ルートを持っていないことが問題なのであります。



また、美味しさというものは、直接の品質評価の基準になってないということも問題として挙げられます。

販売において、重要とされるのが見た目であると個人的には理解しています。

トマトを出荷する際、出荷基準というものがあり、その内容で、花落ちの後の大きさ、楕円、というものがあり、完全に見た目だけというものがあります。

もちろん、同じ成育条件を作り出してしまえば、それなりに同じようなトマトも作りだせますし、見た目が良いトマトを作ることも技術なので下手だといわれればそれまでです。

見た目重視、美味しさは二の次であるといえます。

見た目のいいトマトは、生理障害が出てないのでそれなりに美味いと思いますが、やはり、目利きができないと。

トマトの目利きに関しては、また別の機会に。




消費者受けがいいのではなくて市場受けの良いトマト。

小売店受けの良いトマト、を作ることが小規模農家の多い地域でのある意味、生き残り戦略なのかもしれないです。

そこそこ美味しくて、収量の見込める桃太郎エイトはこんな理由で作られているだろうと勝手な推測です。




しかし、農家のプライドなのか。

ほぼ全ての周囲のトマト農家さんは味への追求というものを行っている。

どうしたら、味がのるのか。

どうしたら、旨みがでるのか。

仮に、市場が美味しさをトマトの値段に反映してくれなくても。



というより、産地で売ってるから、個人の味に差があって価格に反映できない、といったところでしょうか。

産地としてブランド化したいなら、美味さの均一化しなきゃいけないということかな。



課題はいろいろありそうです。


ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

トマトの語源

今回はトマトの語源うんちく。


トマトの語源は

トマトゥル「膨らむ果実



Zitomato、アステカ語だかなんだかわかりませんが情報交錯中。

意味は知りません。


このどちらからしいです。





これくらいの話では、酒の肴にもなりません。



トマトは、



イタリアでは”ポモドーロ”「黄金のリンゴ」、



フランス”ポムダムール「愛のリンゴ」、



イギリスでもおなじく”ラヴアップル”「愛のリンゴ




名前だけ見ると「禁断の果実」みたいでいかしてます。





なんで日本は普通にトマトなんでしょ。

かつては”赤茄子”なんて呼び名もあったかもしれないでしょうけど、なんで茄子?


日本では、所詮、ナス科はナス科。

名前考えた人、きっとナスすべなしだったわけね。






寒!((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル








寒いのはおいといて、トマトの学名”lycopersicum”について。



lycos=狼。

ライカンっていうと狼男っていうイメージあるから覚えられるかな。

persicum=桃。

すなわち、「狼の桃」って言う意味だそうです。




ちなみに”桃”「persicum」は、ペルシャム・マルム、つまりペルシャのリンゴを意味しているそうな。








さぁ、以上のことを踏まえて、普段の会話に活かしましょう。





例1

スーパーのトマト見つめ、おもむろに

「知っているかい?フランスではトマトのことを”愛のリンゴ”って呼ぶらしいよ。」


「今夜、ボクという禁断の果実を味わってみないかい。」






例2

トマトケチャップをみて

「赤い色の素、リコピンって成分なんだけど、トマトの学名に由来があって、学名の由来は”狼の桃”なんだ。」


「これを食べたら、ボクは今夜、狼になりそうだ。」






例3

「トマトの語源ってのは、”膨らむ果実”とうい意味らしいよ。」

ボクの果実も膨らみそうだ。」

いわせねーよっ\(*`Д´) !













ないと思います。( ´_ゝ`)




例を実生活に使ってみたい方は、↓クリック。

ブログランキング・にほんブログ村へ


トマトのリコピン

リコピンといえば、トマト。トマトといえばリコピン。

トマトに沢山含まれる、トマトの赤色の素、赤の色素。

リコピンは、抗酸化作用っていうのがあり、とにかく、体にいいんです。



ところで、抗酸化作用ってなに?

ざっと説明すると、人の体の中にある活性酸素っていうものが、動脈硬化、癌なんかを引き起こすらしいのですが、その活性酸素を少なくしてくれる働きのことのようです。
いわゆる、生活習慣病にいいようですな。



ちなみに、どの程度のトマトを食べたらよいのか?

だいたい、一日15mg摂取推奨らしいのですが、トマト2個分



リコピンというのは、熱に強く、また脂に溶け易い性質があるそうなので調理して食べてもらうと、摂取しやすくなると思います。

トマトが赤くなると、医者が青くなる、といった言葉もあるようで、ものすごく健康にはいいようです。



とにかく


健康のために、一日2個のトマト消費


カロリーも低いし、生活習慣病の対策になってとっても健康的な食品なんですね。

さぁ、毎日、トマトを食べよう!


プロフィール

溝上農園の人:フィロヲ

Author:溝上農園の人:フィロヲ
飛騨古川のトマト農家、溝上です。
飛騨はトマト産地です。
たまに栽培日記、ほぼ妄想雑記です。
前向きに生きていこうと思います。
絵はかわいい感じで、現実は見るに堪えかねるおっさんです。

カテゴリ
不定期更新連続話シリーズ
アクセスアップできるかな
駄犬交流記
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ランキング無闇に参加中

人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ビジネスブログランキング
RSSリンクの表示
ブログランキングサイト
FC2ブログランキング
マイアフィリエイト



購入体験談
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。