スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農政のこと

専業農家なんで、少しは農政が気になる。
きちんと見たり聞いたりしてないので、おそらく間違った見解があると思いますがご了承願います。
見る人はいないだろうけど・・・・

2009年2月の時点の話になるんでしょうけど、国は農業をどうしたいのか。

農業が儲かる産業になればいいと思っている。
まぁ、当然ですわね。
農業やっている人が儲かれば、必然的に税収が増える。

ここで、邪推するなれば、農家が儲かるという意味では無く、国が儲かると考える。
すると、上の文章も違う視点で見られる。

農業が国にとって儲かる産業になればいいと思っている。
農業やってる人が儲かれば、必然的に税収が増える。
税収を増やすには、より効率的に生産しなければならない。
しかし、個人では限界がある。
だから、企業を参入させ、多くの資本投下で効率化、大規模化、IT化、流通の見直しなど推し進める必要がある。
だが、それらを推し進めるには、既得権益を持つJAみたいなところが邪魔だ。
とりあえず、マスコミつかって批判だ。
で、お馬鹿なコメンテーターとか知識人ぶった司会者みたいなのが便乗して拍車をかける。
われわれ消費者の目線にたって云々。

かなり極論ではあるけれど、上のようにも考えられんことも無い。
いずれにせよ、国は、農業を守るというよりも、儲かる産業に育てたいという気はあると思う。

ただ、農業の儲けるスタイルというものは千差万別。
国が進めたいのは、大規模化で企業みたくなってほしいというもの。

そういう、ビジネススタイルもありでしょうが、私が思う理想像と全く違うので、反対。
私は小規模経営で成り立つ農業を目指します。

もし、大規模化するなら、個々の協力という形になろうかと思いますね。
今のJAみたいな体系の改善版。

JA擁護ってわけでもないけれど、JA悪一辺倒みたいな、自分がよければいいっていう産業界の主張を鵜呑みにする政治家は支持できませんね。

いま、きっと農業ってのは非効率的で零細が多いから生産性が悪いと思われてる。
で、大量に工業製品を作ってきた大手企業からすると、いままでやってきたノウハウがあれば非効率を改善できる余地は十分にあって、生産性も上げられて自給率も上げることができて、それが国際競争力に繋がると信じてやまないのでしょう。
政府はやる気がある、という表現を使って、儲ける事のできる可能性の高い企業に農業をやらせたい。
規模の小さな農家が淘汰されるのを望む。

そりゃ、表向きには公表しないだろうが、政策の意図はうかがえる。
農地の集積、集約、効率化・・・・その後なにが残るだろう。
スポンサーサイト

納屋の掃除をしたいところなんですが

冬のうちに、さんざん散らかってしまった納屋などの整理をしなければならない・・・・・
と思いつつもなかなかできない。


今年こそは!

と、むかってみようと思います。


さて、まずはどこから手をつけたらいいのやら。
片付けは、超苦手。
自分のものでも散らかっているのに、人のものまで。
できるわけ無い。

そこで、考えるのが人。

何か、目的意識さえあれば物事は順調に進むのではないかと考えた。


よーし、目的を考えるんだ!


目的:納屋をきれいにするため。(当たり前)

これでは、いけませんね。もっと具体的に。

目的:納屋をきれいにすることによって、すがすがしい気持ちになるため。

すがすがしい気持ち・・・・なんだか、うかがわしさ100%です。
そもそも、すがすがしい気持ちにならなくていいです。

目的:納屋をきれいにすることで、すがすがしい気持ちになり、気分が良くなって周囲にやさしくできるようになるため。

まわりに気を使うことも大切ですね・・・・って・・・

目的:納屋をきれいにすることで、すがすがしい気持ちになり、気分が良くなって周囲にやさしくなり、人にやさしく、生き物にやさしく、環境にやさしく、地球にやさしく、それが世界平和に繋がるため。


もはや、風が吹けばだ。
バタフライ効果だ。

うむ、納得がいった。

地球環境のため、納屋を掃除することに決めた。

キーボードが壊れた

キーボードが壊れた。

”y”が入力できないのだ。
それで困った。

修理に出すにも、ノートパソコンだから全部まるごと。

使い始めて4年目。

私の中では、パソコンなんてものは3年で買い換えるものだと思っていたので、もういいかなぁなんて考えましたけど、予定は今年の秋のつもりだし、キーボードが悪いだけで、今のところ問題はそう無い。
ファンの音がうるさいとか、遅いとかいろいろあるが買い替えは無しにした。


でも、”y”が入力できない事実はかわらないので、なんとかせねば。
安く、手っ取り早く。

そこで、キーボードを買うことにした。
もはや、ノートはノートにあらず。
デュアルコアならぬ、デュアルキー。

何でもいいや、と思いつつケーズデンキへ。

店員さんに確認。

キーボードだけって1個しかない。
それだけ需要がないのかなぁ。
さっそく購入。

って、安さに驚き。

驚愕の600円(税込み)

こんなもんなのかな、今の相場。


応急で秋までしのごうと思う。
この、デュアルキーボードで。

トマトの参考書

野菜園芸大百科 (2)野菜園芸大百科 (2)
(2004/02)
農文協

商品詳細を見る



トマト栽培するにあたって一応、参考書みたいなもなが必要ということで使用するのがコレ。
トマトの性質を知るための教科書とでもいえましょうか。

いろいろと調べてあります。

弱冠データも古いのでコレが正しいとは一概には言えませんが、勉強にはなります。
いろいろと読んでいると、農協の営農指導の根拠がわかっていっそうトマト栽培が楽しくなります。


トマトつくっていると、あーでもない、こーでもない、オレはこうだった、こういったやり方がいい、などなどいろいろな意見が聞こえてきます。
大変参考になり、ありがたい事ではあるのですが、人によっては意見は真逆のことも。

そういったとき、とても悩みます。

栽培条件はそれぞれ異なり、その人の圃場では真実であっても、私の圃場では偽かもしれない。
はたしてそれの方法は、私にとってプラスとなりえるか、マイナスとなりえるか。

そういった判断の糸口として使えます。


値段は少々お高めですけれども、新米トマト農家必読。

我が家の後継者問題

いつかは向き合わなければならない農業の後継者の問題。

とりあえず、我が家では今のところ私が後継者。


農業やるきっかけは、実際やってみたかったというプラスの動機、前の仕事の先行き不安感というマイナスの動機などがたまたま重なって専業農家になることにしました。

要は、タイミングですね。

農家になって良かったのか、悪かったのかそんな事は今判断できないですけど、嫌なこともありますが、まぁまぁ楽しいです。

自己満足でやってる部分もありますから、家族に大変苦労をかけることになり、それが一番つらいところでもあります。

家族の協力は、我が家の経営体制では必須です。



さて、私の後継者対策。

今、現状で息子には継いで欲しくないというのが本音。

我が家の経営体制はお粗末すぎる。

とても、継げるなんてものじゃないです。


10年程度未来。

子供も早ければ就職しているでしょう。

それまで、私が農業を続けていられるか怪しいですけども、我が家も息子の就職先の候補となるように、農業経営していけたらと思っています。

ひとつの企業として、息子から見て良い就職先となれるように行動すること。

それまでに、農業の楽しさを伝えて、理解してもらうこと。

結果、自分からやりたいと思えるようにすること。

具体的に何をと思いますけど、それはいろいろとこれから試行錯誤の実践をしていきます。



特別なにをってことではないですが、今のところの、私の後継者対策です。

産地間での出荷調整

農産物の価格低迷対策としてこんな案が。


産地間での出荷調整。


おおまかな考え方は、価格低迷の理由は需要に対して多すぎる供給と考え、ある程度の出荷規制を行い価格を維持させようとするもの。

確かに、供給は多いのかもしれませんが、供給規制そのものが価格下落に歯止めをかけるものであるかもしれませんが、価格アップに繋がるとは思えません。

いろいろと理由は考えられますが、簡単なパターンで考えます。


商品というのは、まず買い手があって成立します。
ここでは、あえてトマトとしましょう。
単純ですが、売値は買い手が妥当だと思う値段なら買い、妥当でないならば買いません。
この時点で、買い手はもうトマトの妥当な値段、トマトにはいくらまでは出せる、というものを把握していると思われます。

さて、ここで出荷調整。

供給過剰時の出荷調整なのでトマトの流通量はやや多めでしょうか。
弱冠ですが値段は下がり、買い手としては妥当な価格です。

が・・・・他に有力な夏野菜が特価で出てます。
人の胃袋は有限です。
ついでに、財布の中身も有限です。
夏野菜なので日持ちはよくありません。
今は、不景気で出費は極力ひかえたいです。

この場合、買い手は何を選ぶでしょうか。

1、それでもトマトを買うトマト好き。
2、いやいや、背に腹は変えられないので別のもの。

答えは一つではありませんが、仮に2、のうような選択肢の人が多数なら、トマトが売れないので売り手はどうするでしょうか。
トマトの入荷を減らす→さらに需要低迷
トマト売価変更→出荷量減、売値減のWパンチ


これはあくまで仮定にすぎませんが。


それでも、もしも、出荷調整を行うのであれば、


量販、小売の協力は必須。
さらに、生活必需品でもない以上、価格アップは困難。
代替品が無いことも重要、すなわち他品目への干渉もしないと自ら首絞めてTHE END。

これらのことを最低でもクリアしてもらわないと、簡単に賛成とはいえません。
行っても、効果としては疑問視せざるを得ません。


産地保護を真剣に考えている、産地重視の店があればうまく成立しそうですが、ここで考える例だと、利益を享受できるのが特定の産地のみになるので、私の考えでは、出荷調整は不成立となる公算が大きいです。
あくまで私的見解、産地間での出荷調整について検証しただけですが、大概じゃあ、どうしたらいいんだ、というのが常。


逆の考え方で、需要の喚起があります。

当然のごとく、どの産地でも行っているとは思います。
いろいろな調理方法考えたり、産直したり、PRしたり。

効果が無いとか薄いとかいろいろ意見もあると思いますが、地道な活動っていうのは結構大切だと。
今、効果が薄いならば、他に何ができるかってことを、面倒ですが産地皆で行うことって大事だと思います。

具体的には・・・・無いんですよね。
一応、このブログでは多少なり需要の喚起みたいなことしていくつもりですけれども。



供給を減らすことも案ですけど、需要を伸ばすことも同時に行うべきだと感じます。

手作り生チョコ、コーヒー&紅茶味

ちまたでは、ヴァレンタイーーーーン。

美味しそうなチョコがあちらこちらに。

農業とはまったくもって関係ないが、どうしても、生チョコが食べたくて作ってみました。

生チョコ、コーヒー&紅茶味


超、簡単。

嫁が作ったのではありません。

♂フィロヲ作。不恰好なのはご愛嬌。


味の種類は3つ。

ノーマル、コーヒー、紅茶。


レシピ

チョコレート:200g
生クリーム:100cc
はちみつ:おおさじ1
ココアパウダーor粉砂糖:適当に大さじ2くらいで。

さらに

コーヒー味なら、インスタントコーヒー(大さじ2)
紅茶なら、インスタント紅茶の粉(大さじ2)

準備

ボール、包丁。そして場所。
オーブンシート(もしくはラップ)をバット(10×17)に敷いておく。

1、チョコレートをとにかく細かく刻みボールに入れておく。  
  ポイント:日頃の鬱憤を晴らすかのごとく、沢山怒り、愛をこめて。

2、生クリーム&はちみつを鍋に入れ火にかける。
  ここで、コーヒー味ならインスタントコーヒーを、紅茶ならインスタントの紅茶の粉を入れてから混ぜます。
  きちんと、溶かしましょう。
  溶かさないと、食感が悪くなります。
  ゆっくり混ぜつつ、沸騰するかしないかくらいで火から外し刻んだチョコにかける。
  さらに、なめらかになるまで混ぜる。
  途中、溶けにくくなったら60℃くらいで湯せん。私はあまり気にしない。

3、オーブンシートをひいたバットの上に流し込み、2時間ほど冷蔵庫にて冷やす。
  お菓子の箱に敷いたり、生クリームの入っていた箱をくりぬいたり器は自由。
  型にいれてもいいと思います。
  ラップを使用する場合は、敷く際、シワにならないよう注意します。
  なってもいいけれど、見た目が少し悪くなります。

4、固まったら、暖めた包丁で切る。
  型でくりぬいても。
  私の場合、端の半端な部分は切り落とし、少量ずつ、ラップで包んで力任せに丸めます(なんとなくトリュフ)。

5、ココアパウダーなり粉砂糖をかける。

6、特に重要!常温でおいしく頂きます。
  寒いこの時期、食感がおおきく異なります。


材料費は1000円くらい。

チョコレートは当然特売、特価の割りチョコ500g、398円。



3までの所要時間は、のろのろやって20分。

切るのが思うより時間かかりました。

紅茶のは、作るつもりなかったんですけど、たまたまインスタントコーヒーの横にあったので作ってみました。

見た目判別つかないので、粉砂糖ついてる方が紅茶味、というか紅茶風味。

この中では一番のお気に入りです。

紅茶の葉で作る場合、火をかける時にいれて、チョコに注ぐ際に茶こしでとりのぞくらしいです。

分量はフィーリングです。



私はミルクティーのを使いましたが、アップルティーとかでもよさそうです。

さすがにトマトピューレ混ぜる気にはならないけど、こんど、ミルメークとか混ぜてみようかな・・・


チョコが安ければ、ホワイトチョコでもやってみたいところです。



こいつは猪肉料理と違って、おいしく食べてもらいました。

あまいもの、恐るべし。

  

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

猪肉の塩煮込み

猪肉塩煮込み

前回の猪肉カレーは失敗に終わったので、挑戦したもう一品。


猪肉の塩煮込み


味は、臭みをごまかす為に濃いです。

酒の肴にどうぞ・・・てなもんです。


材料

猪肉 300g

大根 10センチくらいかな。

にんじん 1本

ごぼう 半分

ネギ 1本

鶏がらスープの素 大さじ1

塩 小さじ1

醤油 小さじ1

水 1300cc くらい

にんにく 一片

七味 少々


作り方

1:猪肉の下茹で。生姜、ネギ(青い部分)と一緒に水から煮込みます。1時間くらいでもまだ臭うのかな。
  今回は2時間ほど行い、次の日調理です。

2:大根、にんじんは大きめのいちょう切り、ごぼうは猪肉の臭いごまかしということもあって適当に。
  灰汁ぬきとかもされるかたみえるでしょうけど、面倒なので行いません。

3:鍋に、猪肉、大根、にんじん、ごぼうを入れ、水、鶏がらスープの素を投下。
  煮立たせて、灰汁をとり弱火でじっくりコトコト。

4:野菜が柔らかくなったら、塩、醤油、にんにく、さらに今回はまだ肉が臭そうだったので、細かく切ったネギ投下。
  そして、さらに弱火でコトコト。

5:後はお好みで。
  猪肉が臭いので、味が濃かなと思うくらいまで煮込みました。
  最後に七味ふって、ネギのせてできあがり。


感想。

味、 (`ロ´;)


にんにくが多すぎかもしれません。

煮込みスギかもしれません。

上の画像は、彩の為、青ネギの代用に水菜のっけてます。

こんにゃくは入れてもいいと思います。


味が濃い目なので、何かサッパリとしたものを添えるとよいかもね。

もともとモツ煮込みベースのレシピです。




さあ、食べるがよろしい!

・・・

・・・・

・・・・・

・・・・・・



猪肉ってだけで、家では手もつけやしない・・・・・OTL



大根とか美味しくできたのに・・・(ノд・。) グスン


猪肉をカレーに入れたが・・・

前回に続く、猪肉問題。


どうやら、猪肉の臭う原因は、狩った後の処理で決まるそう。

また、大人のオスもくさいみたい。

って、今回のこれ、思いっきり大人のオスやで。

まぁ、今さら言っても臭いはかわらないので、方針は変えずに調理です。



今回は猪肉カレー

もはや見た目は普通のカレーですし、紹介するまでもないので画は入れません。




作り方は普通のカレーと同じ。

肉の処理は、前回の下茹でした猪肉を洗って、カレーにぶち込むみます。



生姜&ネギのダブルパンチ下茹でによって肉の臭さ軽減、カレーの魔力で旨み変換。

下茹で+カレーの煮込みで固さは無くなり、もはや、猪肉はただの豚肉へと成り果てるのだっ!


と、いうのが今回の予想だったのですが・・・・・







予想外





お肉の固さは取れたのですが、においの方がなんとも独特なもので。

まずい少し癖のある肉を入れたカレーとして食べるしかないようです。





息子曰く、

このカレー、 が まずい


・・ぐ・・・・ピンポイント指摘。

子供のボキャブラリーの無さ故の罪なのか。

もう少し、ソフトに言ってくれ。





独特な風味の肉が入ったカレーを眺めつつ、次の料理を模索する。




猪肉の臭いの解消。

避けては通れない道のようです。



続く

そこに猪があった。

我が家のハンターが、猪を持ってきたので猪の調理法を考えることとなりました。

ここで問題なのが、猪肉を持ってきたのではなく、猪を持ってきたこと。



こんなに、どうすんねん・・・



と、半ば思いつつ、解体作業を見守る。

私は、解体はできません、というか、触りたくないのが本音。



ある程度、足なんかの部位になってからようやく着手。

うーん臭いますヨ、独特の臭さ。

これが、猪肉の旨さなのかはわかりませんが、臭う。

こいつタタリガミになりかけていたんじゃねぇのか、と思うくらい臭う。



臭う肉塊になったこの猪をどう調理するか。

無難に猪鍋(牡丹鍋ですな)がきっとベストだと思いますが、如何せん、量が量ゆえに、



飽きる(´Д`)



ということで、美味しいのか、はたまた不味いのかはわかりませんがいろいろと考えてみようかと思います。

試しに、角煮、焼肉、味噌煮込み、カツに挑戦。

感想。




彦摩呂風「臭さと、かたさの玉手箱やぁー




角煮:茹で時間足らず固く、臭う。

焼肉:味噌等で臭い紛らわすも消えず、かたい。

味噌煮込み:肉はやわらかくなり、時間をおいてじっくり煮込めば食える。

カツ:使用部位はモモ、臭さはほぼ無くなったものの、下処理していないのでかたい。


猪肉は、焼くには不向きなのかもしれません。

揚げると、意外にも臭いが消えてよかったです。

揚げるについては、再度検証ですね。




猪肉調理の課題は、

「臭い と かたさ」

をどう克服するかがポイントとなりそうです。




そこで、さっそく一家の料理長、嫁に猪肉調理相談。

下茹での際、ネギ&生姜を大量に投入してみることに。

料理は、カレー、そして、無謀にも塩味の煮込みに挑戦。



1キロほどの肉に、150g以上の生姜、ネギ数本。

果たして、解決するのか。

下茹での様子。


猪肉下茹で



なんだか、ものすごい量の灰汁が出てきました。

なんだか、チョコレートムースみたいです。



続く

やらなければ始まらないので

ブログを作ることにしました。

当然、夏場は忙しいことを理由に、更新なかなかできないでしょうけど、とりあえずやっていこうと思います。


冬は暇なので、いろいろと勉強することが多いです。

いろいろと学ぶうちに、アレもしたい、コレもしたいとやりたいことがものすごく増えます。

ひとつひとつ、少しずつでもいいからやっていって、人生を謳歌したいです。


とりあえずクリック↓
人気ブログランキングへ
プロフィール

溝上農園の人:フィロヲ

Author:溝上農園の人:フィロヲ
飛騨古川のトマト農家、溝上です。
飛騨はトマト産地です。
たまに栽培日記、ほぼ妄想雑記です。
前向きに生きていこうと思います。
絵はかわいい感じで、現実は見るに堪えかねるおっさんです。

カテゴリ
不定期更新連続話シリーズ
アクセスアップできるかな
駄犬交流記
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ランキング無闇に参加中

人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ビジネスブログランキング
RSSリンクの表示
ブログランキングサイト
FC2ブログランキング
マイアフィリエイト



購入体験談
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。