スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にんにくメモ2010 3月末

にんにく今現在こんな感じ。

ビバにんにく




葉にんにくを作ろうと思って失敗した奴ら。
この後どう処分してやろうか。
葉なのか茎なのか芽なのかニンニク



食い方も定かではないが、もらったからなんとなく作ったエシャロット(エシャレット)
エシャロット、おまえエシャロットなのかい



サラダにするとうまいことがわかった、男の大きさこだわりのジャンボニンニク
まだ小さいけどジャンボ





もう二か月程度で収穫予定。

今年の出来はいかがなもんだか・・・




今回はただの栽培日記
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
スポンサーサイト

葉ニンニクと豚肉炒め

ニンニクの芽なのか葉なのかわからないが、食べる。

これが葉ニンニクなのか

寒さにあたってか、雪の下にあったからか、葉が少し黄色い。

ここが失敗といえば失敗。


食材としては個人的にはグッドな感じだと思うが、どうやって食べたらよいものか・・・





嫁に、豚肉と一緒に塩コショウで炒めてもらった。


豚肉と葉ニンニク炒め

見た目普通だ( ̄。 ̄)



中華だし、塩コショウ、酒、豆板醤少々。

ニンニクは最後に炒める感じ。

彩りにニンジンも入ってる。

レシピはフィーリングで。



嫁はキャベツも入れたらと言ったが、何か水が出てグチャグチャしそうだから反対。

その代わり、キャベツの千切りと一緒に食す。

キャベツを添えるといいかもしれないな。



味は、豚キムチ塩味的な・・・・(-ω-;)

まぁそのまんま。



食べた後、思ったより匂わない。

ニラよりうまいと個人的には思う。




そもそも葉ニンニクなんてそう流通してないしなぁ。

マニアック食材か。





さて、次はどんな調理をしてみようかなσ(゚・゚)・・・


スタミナリーフクリック
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

石こう・・・効かんのか?

過石のカルシウムは植物は石こうだから利用できないと営農指導員が言うがどうも納得いかないから調べてみた。

おバカさんな私にもわかりやすく言ってくれたと思うのだが。



化学の知識が無い私にとっては調べるのは厳しいが、さすがインターネット。

のってるぜぃ。



過リン酸石灰 Ca3(PO4)2 + 2H2SO4 + 2H2O → Ca(H2PO4)2 + 2CaSO4・2H2O




全りん酸を20%前後、うち水溶性りん酸を15%前後含む。

主成分が水溶性なので、速効性のリン酸肥料。

リン酸成分は土壌中のアロフェンとかと結びついて植物に吸われにくい形となる。

施用の際は土に直接触れないような方法がよいらしい。


アロフェンって何?と思ったがスルー。

畑に入れるのに、土に触れないようにもスルー。

これはリンの部分なので今回はさておき、問題のカルシウム。



第一リン酸カルシウム Ca(H2PO4)2・H2O 溶解度1.8g(ウィキより)

硫酸カルシウム CaSO4 溶解度0.16g(現代農業とかいろいろ)

溶解度(g/100ml)?


が過石カルシウムの成分。

指導員が言ってた石こうは硫酸カルシウム。


これを見る限り、炭酸カルシウムの溶解度0.0015gに比べるとずいぶん水に溶けるようなので、植物は利用できるような気がするんだが。

今年、元肥にいれる予定の「畑のカルシウム」っていう石灰資材は硫カルって表示されてたから、過石のリン酸部分はさておき、物質としては同じはないんじゃろうか。


んんー疑問。








いまだ解らずクリック
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

つぼみ

ボケたやつが花芽をつけた。

早いよ、もう、待ってよもうちょっと
わかるかなぁ。ゴマ粒以下の


いやいや、早すぎでしょ。

もう定植しろってこと?

まだ、全然準備してないよ。



また今年も計画の無さ露呈。




冬の猛烈な暇さ加減からの脱出を図るため、早く出荷するぞー、とか思って試みた訳ですが

2月16日 接木

3月23日 花芽確認(7枚一部のみ)




一月播種で、3月末頃定植になるのか・・・

おいらには、まだ無理だね。



それにしても、4月2週目くらいに定植かなーとか思ってたんだけど、もう少し早く植えねばならないか。



ちなみに、当農園は暖房設備ナッシング。

なにか低予算の設備無いかと思案中。






今さら遅い訳だが。



栽培は計画的にクリック
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

土がカラカラなんだとさ

トマトのお勉強会がありました。



私の作る珍妙な苗を少し題材とさせていただきました。

左新聞紙無、右新聞紙有。水の持ちが違うなぁ。



はい、日照不足。

窒素欠。

過乾燥。

初期水やりすぎ。



いろいろと意見が伺えます。




他農家さんによる指摘事項はごもっともでありますし、私もそう思います。


ですが、


1点、ベテラン農家さん意見でどうしても納得できない事がありましたので検証してみたいと思います。



土が乾燥しすぎてカラカラだからこの土は水をはじいてもう水を吸わない。



↓検証動画。






吸ったじゃねえかこのやろう

ではなくて、

画質悪すぎて何だかわからん∑(´□`;)





わかりにくいですが、一応結果。

ここで使用しているのは大さじ1杯15cc。

この程度で今は十分。


見た感じ、吸うには吸う。

おそらく潅水量が多くなるとそのまま流れる。



大さじ1杯くらいなら下に漏れることなくそのまま土の中にとどまる。

潅水後10分、20分、30分、1時間後にトレイ下新聞紙確認。

水漏れの形跡なし。

どの程度の水量まで土に保持できるのかはまだ検証要す。

土の種類、ポットの容量によって異なるので単純には判断できませんが。




私の出す結論。

ベテラン農家さんの言うことは真であり偽。

少量潅水であれば水は吸水可能。

という結果なので偽である。


50cc、100ccと潅水量の増加にともないベテラン農家さんの言われるとおりおそらく水をはじいて吸水しきれないこともあると思われます。

そういった意味では真。

ポット側面より流れ出てほとんど流亡という事態も当然起こりえます。





しかし、従来のポット栽培ではないので根圏の制限をしつつ栽培 なのでこのようなやりかたがいいのかなと実験中。

一日の必要水分量を朝にすべて行うのではなく、少量多潅水の方法になります。

課題は当然、潅水労力の増加・・・


自動潅水装置の購入か・・・とかも思いましたが、高額。

なので、「楽苗」という育苗方法に挑戦もしてみます。

少量多潅水ではありませんが・・・・



とにかくベテラン農家さんの経験からくる判断は必ずしも正しくはないと思った。




↓人の言うこと聞かないってことじゃないよクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

葉色が抜けてきた

おぉぉ。


葉が・・・・

いやぁ、葉が白くなってきてますよダンナ。




さすがに養生室では無理みたい。

明らかに、日照不足。

葉色が抜けてきてるぞい。


この症状を、


葉が白い。
 ↓
歯が白い。
 ↓
芸能人は歯が命。
 ↓
アパガード


から、 トマトのアパ化 と呼び   ません。









狂言はさておき、こうなったら今後、どうするか考えるのが農家たるモノ。

いくつか妄想してみた。




① このまま養生室で葉の色を抜き、 ホワイトリーフトマト と銘うち観葉植物として販売。

② 降雪中、野ざらし栽培を展開、 雪割りトマト として特産化。

③ 新型ベイビーリーフと称し 接木チューブごとサラダ に。

④ 未来の青い自称ネコ型ロボットに、 泣きながら懇願 

⑤ もう、面倒くさいです





やべぇ、脳みそ腐ってきやがった・・・・・・・










ここら飛騨では当然、暖房設備無しでは、やはり限界があります。





最初は苗買ったほうがいいことに気がついた32の冬。

こんな苗に、トマトは実るのか? とか激しく疑問形。






とりあえず 育ててみよう この苗を



なんとなく川柳(´ω`)



あー、なんかもうグダグダな文章。



↓農業人は葉が命クリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

2010年 栽培開始だヤッホーイ

年も明けまして、



・・・・・って、もう三月(´Д`)





一年の3分の1くらいは雪に埋もれてしまうので、暖地がうらやましい。

この際、降雪量の少ない所に移住してしまおうかと思う今日この頃。


2010年 2月 雪深し・・・・


↑オレは、何故にこのような場所で生きるのかっ


と、人生を問い直すも後の祭り。







今年も、トマト栽培を楽しむために、いろいろと挑戦していこうと思います。




それでやってみたいこと。


・ミニトマト栽培。

・反当3000本植え。

・楽苗での育苗。




ミニトマトは、  子供受け がいいから。



反当3000本は、ハウス1棟だけですけど、なんだか営農指導員は反収落ちるぞって反対模様。


去年、割とうまくいったんだけどなぁ(。・ε・。)




そして、楽苗という苗栽培キットの導入(試験)。

ちなみにこれも指導員反対。

産地の育苗方針と違う考え方ですし、導入してる所があるらしいけど反収上がってないからだとか。



トマト栽培のルーチンワーク化を図りたいので指導員の反対をさしおいて挑戦してやるぞい。





さらに、無謀な挑戦。




昨年は、1週早く苗購入。

7月10日前に出荷してやろうと思っていましたが、失敗。

なので、



育苗イン養生




2月16日、接木。


本当は、接木講習みたいなのがあって、それをいただいただけなんですけれども。

廃棄するのも、もったいないし、せっかくなんで育苗。



あぁ、暇って恐ろしい



















とにかく、今年もがんばるということで。



もう、待ち遠しいよ春クリッククリック
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村



プロフィール

溝上農園の人:フィロヲ

Author:溝上農園の人:フィロヲ
飛騨古川のトマト農家、溝上です。
飛騨はトマト産地です。
たまに栽培日記、ほぼ妄想雑記です。
前向きに生きていこうと思います。
絵はかわいい感じで、現実は見るに堪えかねるおっさんです。

カテゴリ
不定期更新連続話シリーズ
アクセスアップできるかな
駄犬交流記
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ランキング無闇に参加中

人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ビジネスブログランキング
RSSリンクの表示
ブログランキングサイト
FC2ブログランキング
マイアフィリエイト



購入体験談
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。