スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010スティック春菊終了。

直売所 榧の里 のスティック春菊販売終了です。

本日も無事完売。




いちいち記事にするのも何なんですが、この春菊は最初もう、全然売れずに、でも美味いから出そうって決めた品種です。

美味かったので、種買い占めました。


そうたいして売れなかったんですけど、結果、わかる人には味わってもらえた。

少ない出荷量のなか、何回か買ってくれた人。

もう感謝です。

ありがとうございました。


スティック春菊

ちなみにうちではこんな感じでコップに水入れて活けてます。

食いたいときにちょいとつまんでボーリボーリ・・・・

最後のスティック・・・






まぁ、一応商売なんで、原価とか計算してやらなあかんかったんですけど、もう今回は黎明期だと割り切って破格のお値段で出してました。

来季値上げ必須!?




とにかく次シーズンもよろしくお願いスマッシュ!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
スポンサーサイト

TPPとかどうなの

無関心が一番よくないということで・・・・






TPPの話題は生活に直結するので気にはなる。

自分の立場からすると反対なのは当然なのだが、知識がショボすぎて曖昧にしか判断できてない。

TPPに参加するとどうなるのか。

以前、減反止めるとどうなるかってのを記事にしたが今回もそんなかんじで単純に推測。

かなり乱暴・・・




関税撤廃する(TPP参加)。

高関税だった品目の輸入量増加。こんにゃく芋、米、ラッカセイ、バターなど。

稲作など農家、比較的競争力のある品目Aに転換。

既存の品目A、供給過剰になり価格下落。小売価格下がり消費者喜ぶ。

品目A、再生産価格に届かず作付け中止。代替品目Bに転換。

品目A、シェアは輸入が大半をしめる。そのうち国内産品目Aは姿を消す。

代替品目Bでも同じよなうな事が起きる。この状態がしばらく続く。

数回繰り返すうち、廃業し他産業に転職するものもあらわれる。

廃業する農家をしり目に輸出攻勢をかける農業団体出現。大企業が条件の良い農地占有、山間地の効率の悪い農地は放棄。農地微減。

しかし円高により思うように利益上がらず廃業。農地激減。いまから約20年後くらい。

自給率10%程度に。

日本では人口減るものの世界的には人口増加。食料不足深刻化。温暖化により世界的干ばつ到来。

日本に輸入されるもの無くなる。日本で飢餓問題。



無理があるな、随分。

なんとでも言いようだ。



ちょっと前に、干ばつの影響で穀物相場跳ね上がって。

その時どうなったか。

輸入依存がどういうことなのかってこと理解したんじゃなかったのかなぁ。



経済成長も確かに重要だけど、今のままじゃ丸腰で戦場に放り込まれるって感じがして。

日本カモじゃん。

平均関税低いなかでさらに開国しろって。





国内農業じゃしんどいかもな・・・

おれもランドラッシュに参加するしかないのか。


誰かTPP参加で農業の明るいビジョン描いてくれ。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

青いトマトのピクルス

青いトマト。

売ってはみたものの、ピクルスって作ったこと無い。

無責任この上なし。


なので、作ってみることにした。


クックパッドとかいろいろ参考にして。


適当に材料

青いトマト・・・300gくらい

玉ねぎ・・・・・100gくらい

ピクルス液材料。

酢・・・カップ1

水・・・・・・カップ1

塩・・・・・・大さじ1

砂糖・・・・・大さじ1

にんにく・・・でかい1かけ

トウガラシ・・輪切りの市販の適当。

クローブ・・・粉のやつ適当に。


まぁ、なんてあいまいな。





青いトマトと玉ねぎスライス。

塩大さじ1まぶして1時間ほど放置。


ピクルス液材料いれて煮込む。

ピクルス液


沸騰したら10分ほど弱火にして煮る。





その間に煮沸消毒した瓶に、先ほどスライスしたトマトの水気をとった後に入れる。

青トマトインザ瓶




適当に冷ましてピクルス液注入。

直後の青トマト




そして待つ。

一週間くらいから食べごろらしい。



食べた感想。

酸っぱい。

タルタルソースとか、ドレッシングに刻んで入れるとよさげ。



たくあんみたいに単独でボリボリ喰う感じのものではないです。

あくまで、何かとあわせるみたいな・・・


ワインビネガーの方がよかったのだろうか?

今回はリンゴ酢。

穀物酢でもいいらしい。

少し酢が強いので、ミツカンのやさしいお酢を入れて今度作ってみよう。


ピクルス液によって当然味は変わるので、いろいろなハーブ入れたり砂糖などの分量を変えてオリジナルのものをぜひ作っていただきたいです。





ちなみに嫁は全く手をつけないよクリック
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

榧(かや)の里

もう、今年は大玉トマトは予想通り大幅収量減という結果に終わりそう。

定植遅れ、隣接する水田の水漏れによる常時水攻めが原因の根ぐされ、猛暑・・・

前年対比1500ケース減!

まじで死にそうな予感。

ため息が止まらない。



この世の終わりだ・・・・OTL 的な気持ちでへこんでいたところ、新規オープンの直売所へ出品しないか?という話をいただいた。

そう儲かりそうな話ではなさそうなものの、なにか前向きなものにすがりたいがためなのか、すぐに飛びついた。


その直売所の名は



榧の里(かやのさと)




よ、読めねぇ・・・( ̄Д ̄;;



榧の実製品を加工、販売する傍ら農産物も取り扱うというところ。

9月11日オープンしました。




あぁ・もう2ヶ月も経ってるじゃんσ(^_^;)アセアセ...






大玉トマト、ジャガイモ、リンゴ、桃、ねぎ、ニラ、きゅうり、切り花など旬の様々な農産物が置いてあります。




私のところで出品してるのは、最初はミニトマトとニンニク。

ニンニクは2週間でSOLD OUT!

ある分しかないし・・・

意外に売れちゃった。

直売所恐るべし。



せっかくなんで自分とこで出品するものの説明です。

まずはミニトマト。

品種は、CF千果をメインとし、おまけでピッコラルージュ(赤プラム型)、ピッコラカナリア(オレンジ色プラム型)を混合。

ピッコラルージュ、カナリアはもう無くなりそうなので今週中にもCF千果のみになりそうです。

参考までに糖度計(ブリックス)は千果が8~11、ルージュ9~12、カナリアは10~15とまぁまちまち。

季節で味が大変異なるので、いろいろな時期に食べてみてもらいたいです。


11月中旬には販売終了。

週に2回ほどしか持っていけません(;´Д`A ```



大玉トマト(微量)

桃太郎です。あんまり赤く無いのがうちのです。買ってもらった人に感謝します。味にはまったくこだわってません。なんかよく売れます。トマト人気強し。



春菊(中葉)

お試しに作って出品してます。茎の部分のお浸しとかあたると個人的に残念なので、先っぽの若い部分を極力入れてます。
一袋40~50本入ってます。手間ばかりかかって来季の作付けは要注意です。



スティック春菊

茎の部分が美味いという品種を探してみたらありました。ドレッシングかけてサラダにベストだと。わたくし的にヒット商品。単純に美味い。しかし、もう10袋程度しか残量ないのよね・・・



かわいい大根(SOLD OUT)

試験栽培で100本ほど作ってみた小型の大根。
”かわいい”って自分で言っちゃってるところがかなりの自意識過剰感をかもしだしてます。
はつか大根じゃないのよ。肉質緻密でやわらかくこれもサラダ向きでした。半分ほど虫喰いひどくて自家消費、美味しかったんだけど、作る場所がないのよね・・・



赤大根

これも100本ほどの試験栽培。酢につけるとあざやかなピンク色になる彩り重視の品種。これもやや肉質緻密。小型品種の特徴なのかな?ちなみに辛味赤大根じゃありませんよ。
第一陣はうまくいったんだけど、第2陣がいまいち失敗したかんじ。出品できるものあるかな?



ラディッシュ

適当にまいてみました。品種は何だかいろいろです。彩り用に赤いの選んでます。
虫にやられて半分以上廃棄(ノд-。)。
根菜類はトマト跡地には難しいのか?



はやとうり(SOLD OUT)

白い奴。えーともう出荷終了。浅漬けにいい感じでした。来年はきっと誰かが作るでしょう。



スタミナリーフ

ニンニクの若い葉のことです。葉にんにくって言えばよかったんでしょうが、行者にんにくとかぶりそうなので、
カタカナでかってに命名

前作に作ってみたら美味しかったので味わってもらいたく出品中。飛騨では商品として出しているのはここくらいだけでしょうね・・・・
マニアックすぎて売れません。まぁ、趣味の農業の世界。



そして、青トマト

もうかたずけるから樹についてる、カチカチのトマトを出品。
もう真っ青。ピクルス、漬物にいいらしいがはたして売れ行きはどんなんか・・・



出品したものはこんな感じですが、出荷されないまま終わった作物も多々あってまぁそれはおいおいと記事にしていこう。





基本、スーパーに無い品種を出してます。

そのほうが楽しいし(⌒▽⌒)


少量栽培、出荷がおおいのである時買いが基本です。






商品の苦情はご勘弁を・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

プロフィール

溝上農園の人:フィロヲ

Author:溝上農園の人:フィロヲ
飛騨古川のトマト農家、溝上です。
飛騨はトマト産地です。
たまに栽培日記、ほぼ妄想雑記です。
前向きに生きていこうと思います。
絵はかわいい感じで、現実は見るに堪えかねるおっさんです。

カテゴリ
不定期更新連続話シリーズ
アクセスアップできるかな
駄犬交流記
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ランキング無闇に参加中

人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ビジネスブログランキング
RSSリンクの表示
ブログランキングサイト
FC2ブログランキング
マイアフィリエイト



購入体験談
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。