スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこに猪があった。

我が家のハンターが、猪を持ってきたので猪の調理法を考えることとなりました。

ここで問題なのが、猪肉を持ってきたのではなく、猪を持ってきたこと。



こんなに、どうすんねん・・・



と、半ば思いつつ、解体作業を見守る。

私は、解体はできません、というか、触りたくないのが本音。



ある程度、足なんかの部位になってからようやく着手。

うーん臭いますヨ、独特の臭さ。

これが、猪肉の旨さなのかはわかりませんが、臭う。

こいつタタリガミになりかけていたんじゃねぇのか、と思うくらい臭う。



臭う肉塊になったこの猪をどう調理するか。

無難に猪鍋(牡丹鍋ですな)がきっとベストだと思いますが、如何せん、量が量ゆえに、



飽きる(´Д`)



ということで、美味しいのか、はたまた不味いのかはわかりませんがいろいろと考えてみようかと思います。

試しに、角煮、焼肉、味噌煮込み、カツに挑戦。

感想。




彦摩呂風「臭さと、かたさの玉手箱やぁー




角煮:茹で時間足らず固く、臭う。

焼肉:味噌等で臭い紛らわすも消えず、かたい。

味噌煮込み:肉はやわらかくなり、時間をおいてじっくり煮込めば食える。

カツ:使用部位はモモ、臭さはほぼ無くなったものの、下処理していないのでかたい。


猪肉は、焼くには不向きなのかもしれません。

揚げると、意外にも臭いが消えてよかったです。

揚げるについては、再度検証ですね。




猪肉調理の課題は、

「臭い と かたさ」

をどう克服するかがポイントとなりそうです。




そこで、さっそく一家の料理長、嫁に猪肉調理相談。

下茹での際、ネギ&生姜を大量に投入してみることに。

料理は、カレー、そして、無謀にも塩味の煮込みに挑戦。



1キロほどの肉に、150g以上の生姜、ネギ数本。

果たして、解決するのか。

下茹での様子。


猪肉下茹で



なんだか、ものすごい量の灰汁が出てきました。

なんだか、チョコレートムースみたいです。



続く

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

溝上農園の人:フィロヲ

Author:溝上農園の人:フィロヲ
飛騨古川のトマト農家、溝上です。
飛騨はトマト産地です。
たまに栽培日記、ほぼ妄想雑記です。
前向きに生きていこうと思います。
絵はかわいい感じで、現実は見るに堪えかねるおっさんです。

カテゴリ
不定期更新連続話シリーズ
アクセスアップできるかな
駄犬交流記
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ランキング無闇に参加中

人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ビジネスブログランキング
RSSリンクの表示
ブログランキングサイト
FC2ブログランキング
マイアフィリエイト



購入体験談
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。