スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪割りでもしよう

ここ最近2月で無いかのような陽気。
1年で一番寒い時期に、天気予報では昼から雪ではなく雨。
どうなってんだろうか、今年の気候。

こんな陽気だから、雪もなく山に入りやすいので、山の木を切ることになった。
いわゆる、間伐という作業。

山の木を切るという作業は、自然破壊に繋がると思われがちだが、そういうものではなく、むしろ環境保護のために重要らしいです。


よし、環境保護のために間伐しよう、

というのは建前、真のミッション は 薪の確保


杉でも何でもいいから、とりあえず薪確保しとこう・・・的なのり。
薪の質とかは、あまりかんがえてません。


さて、今回、切った木は、カラマツ。
針葉樹だから火持ち悪いのかなぁ・・・とか思いつつ作業。

トラックに積むだけで結構な重労働。
運動不足解消にはいいかもしれません。

さて、トラックに積んだ薪を降ろして、薪割りしないとダメなんですが・・・・

薪割り


ん~、意外と多い


薪割り機のような高級機材はもちあわせておりませんので、当然人力。
コレだけ割れば、薪割りの奥義が会得できそうな予感。


ここで、私の愛妻登場。

彼女には前回、栗の木の薪割りをやってもらってから何か気を良くしたようで、薪割りをやりたいオーラをかもしだしてます。

私はあまりやりたくない不精な人間なので、試しにやってもらうことにしました。

さて、カラマツは栗の木みたいに、スコーン、スコーンと気持ちよく割れ・・・・・



・・・・・ませんでした。



すぐに作業中断。
当然といえば当然。

力仕事を女性にやらせるなんて事自体、ジェントルメン失格です。
ここは、仕方なく義父と私の男どもで対応しましょう。



しかし、割れんゾ。カラマツ。


なにか、こう木がねじれて素直に割れない。
まるでこのネジレ具合、私の性格を表しているようです。


そんな事はさておき、黙々と木に、オノを打ち付けます。

間違っても、


閃けマキ割ダイナミック!


とか言って勝手に必殺技をあみだしたフリしたり、


「~のアホンダラー


などと叫びながら薪割りは行いません。
近所の人に、気でもふれたかと思われないためにも、あくまで黙々とです。

思うのは自由ですが。

~の部分は内緒です。ハイ。


明日はとっても筋肉痛になる予感。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

溝上農園の人:フィロヲ

Author:溝上農園の人:フィロヲ
飛騨古川のトマト農家、溝上です。
飛騨はトマト産地です。
たまに栽培日記、ほぼ妄想雑記です。
前向きに生きていこうと思います。
絵はかわいい感じで、現実は見るに堪えかねるおっさんです。

カテゴリ
不定期更新連続話シリーズ
アクセスアップできるかな
駄犬交流記
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ランキング無闇に参加中

人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ビジネスブログランキング
RSSリンクの表示
ブログランキングサイト
FC2ブログランキング
マイアフィリエイト



購入体験談
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。