スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作り生チョコ、コーヒー&紅茶味

ちまたでは、ヴァレンタイーーーーン。

美味しそうなチョコがあちらこちらに。

農業とはまったくもって関係ないが、どうしても、生チョコが食べたくて作ってみました。

生チョコ、コーヒー&紅茶味


超、簡単。

嫁が作ったのではありません。

♂フィロヲ作。不恰好なのはご愛嬌。


味の種類は3つ。

ノーマル、コーヒー、紅茶。


レシピ

チョコレート:200g
生クリーム:100cc
はちみつ:おおさじ1
ココアパウダーor粉砂糖:適当に大さじ2くらいで。

さらに

コーヒー味なら、インスタントコーヒー(大さじ2)
紅茶なら、インスタント紅茶の粉(大さじ2)

準備

ボール、包丁。そして場所。
オーブンシート(もしくはラップ)をバット(10×17)に敷いておく。

1、チョコレートをとにかく細かく刻みボールに入れておく。  
  ポイント:日頃の鬱憤を晴らすかのごとく、沢山怒り、愛をこめて。

2、生クリーム&はちみつを鍋に入れ火にかける。
  ここで、コーヒー味ならインスタントコーヒーを、紅茶ならインスタントの紅茶の粉を入れてから混ぜます。
  きちんと、溶かしましょう。
  溶かさないと、食感が悪くなります。
  ゆっくり混ぜつつ、沸騰するかしないかくらいで火から外し刻んだチョコにかける。
  さらに、なめらかになるまで混ぜる。
  途中、溶けにくくなったら60℃くらいで湯せん。私はあまり気にしない。

3、オーブンシートをひいたバットの上に流し込み、2時間ほど冷蔵庫にて冷やす。
  お菓子の箱に敷いたり、生クリームの入っていた箱をくりぬいたり器は自由。
  型にいれてもいいと思います。
  ラップを使用する場合は、敷く際、シワにならないよう注意します。
  なってもいいけれど、見た目が少し悪くなります。

4、固まったら、暖めた包丁で切る。
  型でくりぬいても。
  私の場合、端の半端な部分は切り落とし、少量ずつ、ラップで包んで力任せに丸めます(なんとなくトリュフ)。

5、ココアパウダーなり粉砂糖をかける。

6、特に重要!常温でおいしく頂きます。
  寒いこの時期、食感がおおきく異なります。


材料費は1000円くらい。

チョコレートは当然特売、特価の割りチョコ500g、398円。



3までの所要時間は、のろのろやって20分。

切るのが思うより時間かかりました。

紅茶のは、作るつもりなかったんですけど、たまたまインスタントコーヒーの横にあったので作ってみました。

見た目判別つかないので、粉砂糖ついてる方が紅茶味、というか紅茶風味。

この中では一番のお気に入りです。

紅茶の葉で作る場合、火をかける時にいれて、チョコに注ぐ際に茶こしでとりのぞくらしいです。

分量はフィーリングです。



私はミルクティーのを使いましたが、アップルティーとかでもよさそうです。

さすがにトマトピューレ混ぜる気にはならないけど、こんど、ミルメークとか混ぜてみようかな・・・


チョコが安ければ、ホワイトチョコでもやってみたいところです。



こいつは猪肉料理と違って、おいしく食べてもらいました。

あまいもの、恐るべし。

  
スポンサーサイト

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret

プロフィール

溝上農園の人:フィロヲ

Author:溝上農園の人:フィロヲ
飛騨古川のトマト農家、溝上です。
飛騨はトマト産地です。
たまに栽培日記、ほぼ妄想雑記です。
前向きに生きていこうと思います。
絵はかわいい感じで、現実は見るに堪えかねるおっさんです。

カテゴリ
不定期更新連続話シリーズ
アクセスアップできるかな
駄犬交流記
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ランキング無闇に参加中

人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ビジネスブログランキング
RSSリンクの表示
ブログランキングサイト
FC2ブログランキング
マイアフィリエイト



購入体験談
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。