スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土がカラカラなんだとさ

トマトのお勉強会がありました。



私の作る珍妙な苗を少し題材とさせていただきました。

左新聞紙無、右新聞紙有。水の持ちが違うなぁ。



はい、日照不足。

窒素欠。

過乾燥。

初期水やりすぎ。



いろいろと意見が伺えます。




他農家さんによる指摘事項はごもっともでありますし、私もそう思います。


ですが、


1点、ベテラン農家さん意見でどうしても納得できない事がありましたので検証してみたいと思います。



土が乾燥しすぎてカラカラだからこの土は水をはじいてもう水を吸わない。



↓検証動画。






吸ったじゃねえかこのやろう

ではなくて、

画質悪すぎて何だかわからん∑(´□`;)





わかりにくいですが、一応結果。

ここで使用しているのは大さじ1杯15cc。

この程度で今は十分。


見た感じ、吸うには吸う。

おそらく潅水量が多くなるとそのまま流れる。



大さじ1杯くらいなら下に漏れることなくそのまま土の中にとどまる。

潅水後10分、20分、30分、1時間後にトレイ下新聞紙確認。

水漏れの形跡なし。

どの程度の水量まで土に保持できるのかはまだ検証要す。

土の種類、ポットの容量によって異なるので単純には判断できませんが。




私の出す結論。

ベテラン農家さんの言うことは真であり偽。

少量潅水であれば水は吸水可能。

という結果なので偽である。


50cc、100ccと潅水量の増加にともないベテラン農家さんの言われるとおりおそらく水をはじいて吸水しきれないこともあると思われます。

そういった意味では真。

ポット側面より流れ出てほとんど流亡という事態も当然起こりえます。





しかし、従来のポット栽培ではないので根圏の制限をしつつ栽培 なのでこのようなやりかたがいいのかなと実験中。

一日の必要水分量を朝にすべて行うのではなく、少量多潅水の方法になります。

課題は当然、潅水労力の増加・・・


自動潅水装置の購入か・・・とかも思いましたが、高額。

なので、「楽苗」という育苗方法に挑戦もしてみます。

少量多潅水ではありませんが・・・・



とにかくベテラン農家さんの経験からくる判断は必ずしも正しくはないと思った。




↓人の言うこと聞かないってことじゃないよクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

溝上農園の人:フィロヲ

Author:溝上農園の人:フィロヲ
飛騨古川のトマト農家、溝上です。
飛騨はトマト産地です。
たまに栽培日記、ほぼ妄想雑記です。
前向きに生きていこうと思います。
絵はかわいい感じで、現実は見るに堪えかねるおっさんです。

カテゴリ
不定期更新連続話シリーズ
アクセスアップできるかな
駄犬交流記
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ランキング無闇に参加中

人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ビジネスブログランキング
RSSリンクの表示
ブログランキングサイト
FC2ブログランキング
マイアフィリエイト



購入体験談
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。